2018年06月16日

H先輩の優しさ

さて、昨日書いた

合宿の事件を起こす

H先生の優しさ。


僕が昭和60年に

岩見沢支部から

札幌本部に移籍した頃の話



その年位に

たしか、函館で

北海道と東北の対抗戦がありました。


前日に本部に泊まり

翌朝早くにバスで函館に向かいました。


僕の記憶が正しければ、

H先生が早朝にニコニコしながら

「起きろよ〜」と

お泊りをしている僕らを叩き起こしました。


そして、

亡くなったK藤先輩が運転し

運転手の横の助手席には

K川先輩が座っていた。



一番前の席にH富先輩、

二番目の席にS中先輩、

僕の後ろの席に

N部先輩が座っていたと記憶している。


出発してしばらくは

僕の道場に再入門してくれた実くんと

バスではしゃいでいたのだけど、

だんだん、バスで車酔いしてきました。


最初の異変に気が付いてくれたのは

S中先輩でした。


優しく声をかけてくれた

S中先輩との会話に気が付き

H富先輩が僕の横の席に座り、

「大丈夫か?

少し遠くの山とか見てごらん

そうすると少し楽になるよ」と

僕の背中をさすってくれました。


そのことは今でも忘れません。



そして、

亡くなったT木師範が開催した

全日本ウエイト制大会での出来事。


一年目の出場は三位になったので

勢いをつけてく猛稽古に励み

二年目の出場は決勝戦まで行くことが出来ました。


決勝戦では、

当時の群馬支部の

櫻井選手に判定で負けてしまいました。


試合後、

悔しくて悔しくて

隅っこで泣いていると、

H富先輩がそっと横に来てくれ

涙が止まるまで

肩を抱いて慰めてくれました。


そのH富先輩の目にも

涙が浮かんでいたことを

今でも忘れません。


H富先輩は

合宿では事件を起こすけど、

生徒や後輩思いの

優しい良い先輩です。







人気ブログランキング

















posted by 鬼軍曹 at 13:49| 北海道 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。